つきナポ@釣りツー𓆝

アブなげないABU好きの釣りとツーリング雑記🎣

【管釣り】ABU好きの管理釣り場タックルを記録しておくよ

f:id:tsuri_touring:20211019004716j:plain

とりまのエリアトラウト用タックル

管釣りってムズくない?

渓流釣りが禁漁期間に入り、気温が下がって海釣りも渋くなってきた頃。

まあまあ値は張るけど魚と戯れるには管理釣り場っしょ、みたいな軽率なノリで行って思うように釣れず打ちひしがれるというのが恒例の通過儀礼であります。

ライン細いしルアー軽すぎやて

渓流釣りシーズンはベイトタックルを投げ倒してるんで、3g~7gあたりのルアーを15m以内に飛ばす動きに指も手首も肘も肩も癖づいている感じ。

んでそれを急にスピニングタックルで1g未満のルアーを10mくらい飛ばす動きってのに切り替えれずつまづくという現象が毎年なんですが自分だけでしょうか。

持ってるだけであんま使ってない0.8gのスプーン…使いこなす為に必要なのはタックルなのか腕なのか。あとシマノダイワよりアブっていう趣味的な障壁も地味に強固。

リールはもはやオールド

リールはAbuGarcia Cardinal 300U。発売されて20年ほど経ってる気がするので立派なオールドリールな気がします。

f:id:tsuri_touring:20211019020714j:plain

公式ページすら無いカーディナル300U

ズームサファリ ZMSS-404ULと組み合わせると、やたらオールドみ漂う佇まい。

緑色がオシャレ感あるのよ

数十年前の廉価モデルなのでスペック的には特筆すべきものはナシ。ただ、可動各部にベアリングが搭載されてたりスペアのスプールが付属してたり、折り畳めるハンドルだったりとエントリー機の割に気が利いててなんとなく使い易いっていう。

アブガルシア カーディナル 300U スペック
  • 重量:179g
  • 最大ドラグ:2kg

  • ギア比:5.1:1

  • 巻取り:56cm

  • ベアリング:7

  • スペアスプール付

  • 折りたたみハンドル

 

ボディカラーがグリーンってのがイイんすよ。今どきリールは金銀黒ベースのカラーリングが大多数。渋くて格好良い反面没個性な印象を抱いてまして、ちゃんと色を主張してるってのに魅力を感じるわけです。

ロッドは一応エリアトラウト用

ロッドはAbuGarciaのMassBeat Extreme MES-584ULです。2016年発売という旧品ですが、まだ公式サイトに商品カタログ掲載の許しを得ているようです。

便利な4ピースのパックロッド

バイク釣行が主なので、荷物はコンパクトであれば有るほど良いワケであります。ちなみにカタログスペックには仕舞が47cmの4ピースとありますが、実は仕舞は46cmです。なぜなら内寸46cmのケースに入れて持ち運んでるんで間違いは無いはずです。

マスビートシリーズ後継のMass Beat III MBS-634L IIIは、同じ4ピースですが6フィート3インチあって仕舞が52cmとお長めになられているので自分の用途としては旧モデルが合ってるのかなという感じです。

ぶっちゃけ良し悪し判らんちん

全長172.7cmのULで、0.8g~3.5gのルアーまで投げれられると。

ペナペナ感があって軽く、ロッド90g+リール179gでタックル合計269gとなってます。

  • 折れそうな雰囲気しながらかなり粘る
  • パックロッド便利
  • リールとロッドが緑色で統一感でる
  • やっすい

自分が感じる良さは上記の通りです。が、使いこなせてないのに加えて他社のええやつを知ってるわけではないので正直なところ良いのかどうかわかりかねています。

まだ思ったトコに飛ばせないレベルなんですよね、この竿で…。

管理釣り場タックル備忘録

f:id:tsuri_touring:20211019114038j:plain

年季入った道具でも…釣ったなら正義

スペアスプールあったら安心

それほど色んなとこ行ったわけではありませんが、管理釣り場ってポンド型(止水型)とストリーム型(河川型)で釣り感覚が結構違ってくるな~と。

PEとフロロをどっちも用意しとくと風や流れに対応出来る…気がして精神衛生上よろしいかと思われます。そういう点で廉価モデルでもスペアスプール付きがあるアブのスピニングリールは非常に良心的に感じてます。

シリーズ刷新された現行のカーディナル3STXの1000番台が気になりつつ、オールドリールと化した300Uを愛で続けてます。